ブログ名考案中

独身一人暮らし女の雑食日記。

元カレ

時々強烈に思い出す事がある。

すごく好きだったんだな、、と今更ながら思う。

 

5つも下で、変わり者の彼。

今は海外転勤で何時間も時差のある所にいます。

 

色々あってムカついたし悲しかった。

なのに、ふと彼の事思い出しては、元気かな?と思う。

 

 

出会ったのが去年の年明け。

2月のちょうど今頃はデートを重ね楽しい時期でした。

付き合った時間は短かったけど、濃厚な時間でした。。。色々話したな。

 

 

一緒に行ったお店や歩いた道、一緒に見た景色。

ここで私の写真撮ってくれたな、とか、

この店でこれ食べたな、とか、

私が作る味噌汁を美味しい美味しいと食べてくれたな、とか、

急遽うちに泊まることになってスーパーで歯ブラシ買った事とか、

いつもクールなのに地下鉄の改札前で別れ際だけはハグしてくれたな、とか。

呉に一緒に行こうと約束した事とか、

そんな何気ない事がフラッシュバックする時がある。

 

別れてから夏にまた再会した。

別れてからは自分の気持ちに蓋をして過ごしていたから、会った瞬間、あぁやっぱりこの人が好きだ、と思った。

 

だけど、彼はそれほどパッションは感じてなかったのかもな。

向こうも自分の気持ちに蓋をするタイプだったので、結局腹割って別れ話もできなかったしな。

 

転勤が決まって、私らは途方もなく歩いた。

「遠距離で今まで失敗して来たから、絶対無理、ましてや日本と海外… 」と言う彼に、

「勝手に終わらせないで。遠距離する前から諦めるとか勝手な話。」と私は言った。

「おぉ〜強気ですね」と、喜んでくれてたあの反応はなんだったんだろう。

結論が出ず、気持ちの行きどころがないまました◯ックスは、刹那的でただただ切なかった。

 

 

後悔はしてないけど、縁がなかった事が悲しい。

突然の海外転勤の辞令。1ヶ月後には日本を発っていた。神様って意地悪なもんだな〜と思った。

不思議なもんで、一年経ってもふと悲しくなる。。。

 

 

小さい頃どんな子だった?と言う私の質問に、

「泣き虫、人見知り、怖がり 」

私はどんな子だったと思う?と聞くと

「利発、活発、大人びた子では?」 と。

 

「正〜解〜。立派に社会人してても、やっぱり小さい頃の性格はどこかに残ってると思う。

私と◯◯は正反対な部分があるから、お互い自分には無い部分に惹かれると思わない?」と言ったら、うーん、、、と黙り、「それはあるかもね」とポツリと。

 

冷静でクールで優秀な彼のどこかに、元来ある怖がりで臆病な部分が時々見え隠れして、「大丈夫だよ」と抱きしめたくなった。

 

なんだか急にセンチメンタルになったので、ここに吐き出してみました。

 

 

いつかこういう悲しさも切なさも全てが糧になった!と言えるような強くて深い女性になりたいです。

 

 

恋愛において。

たくさん出会ってる分、たくさん失敗してるしたくさん傷ついてもいます。

そして、おそらく私もたくさん人を傷つけてきたと思います。

本当は臆病です、私。