ブログ名考案中

独身一人暮らし女の雑食日記。

2018を振り返る

今年2018年は私にとって大きな変化があった。

仕事、家族、お金、恋愛、住居。

 

仕事

10年以上営業部署で営業アシスタントやデリバリー業務してたけど、管理部署に異動し社内での立ち位置がガラッと変わった。営業部署は営業部署のストレスがあり、管理部署は管理部署のストレスが。

正直私の性格的には営業部署の方が合うと思う。

今の所は会計、財務、幅広い貿易知識が必要で圧倒的知識不足な私。。。

 

あと、一般職のグレードが増枠され、(一般職と総合職の間のようなポジション)上司から何度かそこに行かないかと打診されている。これに関しては有難い話だと思いつつも、私自身これからより仕事に打ち込みたいのか?と自問自答してる。

仕事だけでなく、労働組合の活動や大学の部活のプロジェクトの負担も大きく、もう何にも背負いたくないのが本音。

 

 

家族

年明けに兄が彼女という存在を告白(青天の霹靂)→1ヶ月後入籍。翌月新居、翌月新婚旅行、そして挙式。デキ婚でもないのに全てが早かった~。家族親戚みんなビックリ。妹として嬉しかったな!

そして、お盆に父が急逝。自宅で寝ている間だったので、あまりにも突然で心の準備なしだったけど、治る見込みのない難病だったので、少しホッとした部分もある。最後の方は胃瘻だったので、あの世で好きなだけ飲み食いしてほしいな。

父の死をもって死生観について考える機会が増えたが、人間の死亡率って100%なので、月並みな言葉だけど精一杯生きなきゃな〜と思う。

生まれた瞬間から死に向かってカウントダウンしてるわけで、今日ある命は明日もあるだろう、と考えるのは傲慢だと思う。

もし明日大型トラックが私に突っ込んできて人生終わっちゃっても、「まあまあいい人生だったし、しゃーないな」と思って成仏できるような生き方したい。

 

お金

父の死で、まとまったお金が入ってくる事になり、正直仕事へのモチベーションは下がりました。お金があれば幸せかというと、私はそうでもないと思う。そりゃ無いよりあった方がいいけど、幸福と直結する訳ではない。

あと、今回の件で相続税について詳しくなりました。

3年前の相続税の改悪に伴い、相続税を払わなきゃいけない層が広がったはずだし、これから大量に高齢者が死んでいく日本なので、行政書士、税理士、弁護士、不動産鑑定士は需要があると思う。 

一念発起したろかな。笑

 

 

恋愛

去年の秋に出会った人と年明けからお付き合いする事に。

婚活市場じゃ絶~っっ対選ばなかったであろうバツイチ子ありの人ですが、好きになっちゃったっていうね笑

今までいっぱい恋愛してきて、ここ数年は年下のメンズとも遊んで(いろんな意味で)もう恋愛はお腹いっぱい感がある。婚活も難航して、純粋に好きな人と結婚して家庭を持つ事の難しさは痛感したし、漠然とした不安に押し潰されそうになり涙で枕を濡らした夜も数え切れず。

それでも今一緒にいるのでご縁に感謝!

 

 

住居

そして彼と結婚を前提に同棲する事になり、長かった一人暮らしに終止符を。喪中なので入籍は来年以降で。

自由過ぎたな。。特に数年間の大阪市内の新築マンションは居心地良し、環境良しで、楽しかった。

恋愛はスッパリ卒業できそうだけど、都会での夜遊び(酒)は心残りありありですw

 

f:id:xoxomomonger:20181209101756p:image

 

 

そんなこんなで2018年も残り3週間!

師走は一年が終わってしまう寂しさと、また新たな年が始まる事への期待が入り混じってなんだか複雑です。

特に来年は新元号になるので、私は純粋に楽しみです。何になるのかな〜。平成に変わった時は幼すぎて記憶がないけど、今回はちゃんと心に刻める(^ω^)

来年は結婚して子供を授かれたらいいな〜。これだけはどうなるか分からないけどね。

 

 

同棲生活スタート

3連休の最終日に無事引っ越しを終え、新生活始まりました!

因みに、3連休最終日は大阪マラソンで市内は朝7時半~徐々に交通規制が始まるとの事で、その前日の夜に借りてきたバンに荷詰めし朝6時に起きてまだひっそりとしてる大阪市内を後にしました。夜逃げ同然

 

お家は新築なのでピカピカで広くて気持ちいいけど、窓の数に対してカーテンが足りないわ、部屋の数に対して照明が足りないわで初日は薄暗く&極寒の中で過ごしました。#引っ越しあるある

 

カーテンの裾足りない。これも引っ越しあるあるw

f:id:xoxomomonger:20181128180619j:image

 

 

最大の懸念の電車通勤は、想定していたより混雑がマシでなんとか頑張れそう…。それでも、他人とのパーソナルスペースを保ちながら、無の境地で会社に向かう世の中の電車通勤サラリーマン・OLを改めて尊敬。

階段登ったり下りたり、電車通勤は足が鍛えられそうね。自転車は意外に足腰使わないのよ、大阪市内はアップダウンないしね。

 

 

 

 

 

 

 

お互い一人暮らし長いので、買わなきゃいけない家具・家電は特にないのだけど、唯一ベッドだけは、種類も高さも大きさも違うので新調する予定で、私のシングルは処分し、工のセミダブルを持ち込んでとりあえず新しいのを買うまではそれで凌ぐつもりだったけど・・・

 

 

あっさり断念w

 

睡眠は大事なのでしゃーない。カップルや夫婦はどんなベッドで寝てるの?ダブル?シングル×2?クイーン?

 

そういえば引越し前〜今日までの数日間仕事以外はずっと一緒にいるんだが、セックスしてない。。

自分らで引越しして搬入やら設置、細々とした買い物で忙しくてそういう雰囲気にならず。子育てで余裕がなくてレスになる夫婦ってこんな感じなのかな。。

ただ、工がお尻大好き星人なので、1日に何回も生ケツ触ってくる。寝起き、玄関、帰宅後、夕食後、お風呂場、寝る前など。流石に飽きないか…?男性の女体に触りたい欲求は底知れず〜。

 

まだまだダンボールだらけの部屋で、落ち着かない日々が続きそう。引っ越しは体力より気力が要るな。早く全部片付けてゆっくりソファで映画でも見たい!!

 

 

 

unicoのレンジ台が可愛い〜。

f:id:xoxomomonger:20181129085047j:image

 

マンションの退去立会い。寂しいね涙

f:id:xoxomomonger:20181129171133j:image

 

 

 

お引越し

 

ツイッターに投下した内容をこちらで反映する方法が分かったから、使ってみるよん。

 

さて、いよいよ明日お引越し。

物をバンバン捨てて荷造りしてます。お互い一人暮らし長かったので家電や家具は新たに買うことなく、単純に値段やスペックが高い方を残す、ということになった。

 

ex.私はパナの乾燥機付きのドラム洗濯機はメーカー希望価格30万位したので、洗濯機は私のを。(何度も言うが、社会人になって買って良かったものベスト3に入る!)

冷蔵庫は向こうがサイズが大きいので、うちのを処分。という感じ。

 

お互いあんまり物に執着しないので、これは揉める事なくすんなり決まって良かった。

 

 

 

私はあんまり物に執着したくない。

片付けや整理整頓が得意ではないので、物が多いとどうしても部屋が煩雑になる。それがストレス。ミニマリスト程あそこまで極端な生活は嫌だけど、本当に気に入ってる物だけを残す為に取捨選択をするのは良きかな٩( 'ω' )و

 

 

最近周りにも同棲・引っ越しする旨を伝えてるんだが、反応は人によって様々。

意外に男性の方が「良いな〜好きな人とずっと一緒におれるやん、ワクワクやん」と言う。女性の方がシビアで「あんたが田舎生活できるん?無理やろ、泣いて帰ってくるんちゃん笑」と。ヤメテww

ちなみに工は「俺一緒に住んだら、abのケツばっかり触ってしまうわぁ、どうしよ。。」とわりと本気で心配してる。いやいや、それ自分の意思次第やんw

 

 

 

 

 

家から会社が近く電車通勤しなくても良いのは本当に生活の質が上がると思う。大阪はコンパクトな街なので実現可能。

 

 

 

 

 

 

こうやってツイート抜粋すると、同棲の喜びやワクワクより、一人暮らしの名残惜しさと都会生活を捨てる寂しさで溢れてるな。

それでも工と一緒に住む事に決めたんだから、やはり恋愛というのは頭がおかしいんだと思う笑

 

電車通勤は本当に懸念材料で。。

酔っ払って長い時間電車乗って帰るとかめちゃくちゃハードル高いわ。彼は基本的に毎日車移動なので、工さんには大事にしてもらわないと割が合わないわ!プンプン。

 

 

疲れた。。小休憩。

f:id:xoxomomonger:20181124160346j:image

 

 

若手社員

私、図々しくも新入社員や入社2年目の若手とも仲良くしちゃたり、飲みに行ったりするんですが、今の20代前半は本当に遊んでない。

 

彼ら彼女らからしたら、私は完全にオバサンなので一緒に過ごす時間がなんだか申し訳なく感じて、「もっと同世代でワイワイしたらいいやん」と言うと、「仕切ってくれる人がいない」「お金がない」「プライベートが大事」「だから誘いにくい」と口を揃えて言う。

 

私20代の頃は同世代と遊ぶ方が断然楽しかったし、優先順位も高かった。

アラサー以上になって世代関係なく気が合う人とは付き合うようになったけど、自分の20代の頃との違いに驚く。

 

そしてもっと驚いてしまうのが、こんなオバサン世代と遊んでも楽しかったと言うのだ。

社内でも顔を合わせればまた誘ってほしいです、嬉しかったです、と言ってくれる。

最初は社交辞令だと思ってたけど、次声かけてみると本当に喜んで来てくれる。

しかもアラサー集団の中で一人ででも来る。

 

可愛いから別にいいけど、なんか勿体ないと思ってしまうのは昭和女の価値観でしょうか。

 

 

どうでもいいけど、昭和女って言ったらこの歌が頭の中で流れてくる。このクセのある歌い方然り、歌詞然りもうお笑いだよな〜。

なみだの操、殿さまキングス - YouTube

 

f:id:xoxomomonger:20181118010812p:image

 

さよなら ひとりぐらし

実家を出て早10年余り。

たくみと結婚前提に一緒に住む事になったので、気ままな一人暮らしにピリオドを打つ事になった。

 

私は通勤も遊びも、徒歩or自転車圏内の大阪市内の便利な所に住んでいる。

終電と言う概念がなく、酔っぱらってもタクシーで1メーターちょいで帰れる。(飲兵衛ゆえにお尻がない=ストッパーなく飲んでしまい幾度となく後悔したw)

 

 

そんな生活にすっかりスポイルされた私が今後

電車通勤というものに挑戦する

ドヤ顔

 

 

「いやいや普通やろ!」とツッコまれてるが、一度便利な生活を送ると電車通勤は本当にハードルが高い。

通勤は毎日の事だしね・・・。

あと個人的な話ですが、昔電車通勤してた頃よく痴漢にあったので満員電車に苦手意識しかない。

あ、ちなみに気がキツイabさんはこの人痴漢っ?!と思ったら、殺意たっぷりの視線で睨みつけ「はっ?ちょっとっっ!」と吐き捨てる。大概それで退治できるよんv(^-^)v 

 

道や公共の場で痴漢に遭った時(これも何度か経験済み)は、

この人痴漢ですぅぅぅー!!!

と叫びながらガチ追いかけしましたからねw 犯人全力で逃げて行きましたが。

私の辞書に泣き寝入りはありません( ^ω^ ) 女も強く生きるべし!

 

 

閑話休題

今の環境は、近所に行きつけのお店が多く、またそこで顔見知りになった人や、個人的にお家も行き来するぐらい仲良くなった友達も多いが、今のように気軽に会う事もなくなると思うと強烈に寂しい・・・。

都会生活は楽しくて中毒性があるけど、もう決断したから、市外で二人暮らし始めるよ。

 

市外にした理由は、今後車を二台所有する予定なので。大阪市内は駐車場代が高すぎㅠㅠ 

 

 

不動産屋で内覧し、双方一致でまあまあ好条件でいい物件が見つかった。最寄駅から会社までは乗り換えなし、駅からは徒歩5分、落ち着いた住宅街、新築、60m2以上あり

 

 

余談だが、市内で同じ条件ならタワマンの分譲賃貸で、お家賃なんと驚きの28万!

 

f:id:xoxomomonger:20181106215808j:image

 

 

 

部屋は新築なのでピカピカでテンション上がるなり〜( ^ω^ )

 

憧れの大きなキッチン

f:id:xoxomomonger:20181106220258j:image

 

念願の追い炊き機能付きのお風呂

f:id:xoxomomonger:20181106220254j:image

 

広々リビング。スッキリ暮らしたいな〜。f:id:xoxomomonger:20181106220251j:image

 

 

 

懸念してた同棲を母親に伝える件。

賃貸契約に住民票(実家のまま)が必要なので電話したら、出なかったのでLINEで簡素に。

 

おはよー!私たくみと〇〇って所に住む事にしたよー!契約に必要やから住民票送ってほしい!

 

と送ったら、驚いたらしく後で電話かかってきた。

なんか先走ってて「苗字変わったら実印はお母さんが良いの作ってあげるね!」と言っていたが、「いや、喪中やからそれはおいおい。また相談させて」と言うと、「いいよ!喪中でも♪」とルンルンしてた。

 

しかし、私はまだたくみがバツイチ子持ちと言う事実を伝えていない。。

私も良い歳だし実家出て長いから、反対はされないとは思うけど、親からしたら手放しで喜べる結婚なのかは不明なので、とても言い出しにくい。。

 

 

 

Google mapで見てると近くにスナックがありそうなので、そこで常連になり昭和歌謡歌いまくってその店のアイドルになりたい。

これ目下の目標w (そこ?)

 

 

コイツほんま器小せぇな、と思ってくれておk

バツイチ子あり彼との結婚。

やはりこのモヤモヤや苦しさは皆通る道なのかな。。

私も「結局私は二番煎じやしなぁ」と勝手に落ち込む時がある。

 

http://okspi.yomiuri.co.jp/reader/view/topic.jsp?tpid=226549

 

 

 

そして、この回答を読んで少し泣いてしまった。

 

f:id:xoxomomonger:20181006233939j:image
f:id:xoxomomonger:20181006233926j:image

 


これに関して捉え方は人それぞれだろうし、何が正解で何が不正解はないと思う。

最後は自分で出した答えが正解なんだろうけど。。

人間だから悩むよね。

 

 


父の急逝でバタバタしてた私を側で支えてくれ、実家までの送り迎えも何度もしてくれ、お線香もあげに来てくれた。

好きとか可愛いという言葉は簡単だけど、思いやりを持った行動ほど嬉しくて有り難いものは無い。

 

 

そんな相手なのに、大事にしたいのに。。

彼が私の知らない女性と子供と家庭を持ってた過去が、時々どうしようもなく苦しくなったり、寂しさを感じたり、嫉妬してしまう。

結婚してもこれがずっと続いていくのか?もし子供ができて将来その子がこの事実を知った時、子供にまで複雑な気持ちをさせてしまうのか?と思うとこれから一緒になる事を足踏みしてしまう。

 

彼は、「過去は変えられないけど、abを不安にさせてしまうなら、それを取り除けるように努力する。一回失敗してるから、反省を生かして次は絶対失敗したくないと思ってる。

もうabに惚れてるねん。初婚の人とやったら悩まない事でabを苦しめてるのは分かってるけど、じゃあ他の初婚男と結婚したらいいよ、と譲られへんねん。それだけは絶対嫌や、気狂う。

俺らは上手くやれると思う。前向きに考えて仲良く過ごしていこうよ。」

 

ここまで言ってくれても、一人ウジウジ考える私って本っっ当〜〜〜〜に器が小さいですな!!!

 

そんな自分にも嫌気がさしてる秋の夜長〜。

 

 

 

 

 

 

変化の多い平成最後の年

お盆に父が急逝しました。

元々病気を患っており1年程前から寝たきりになっていたけど、亡くなる前日はいつも通りの様子で、翌朝母が起きたら自宅で冷たくなっていたようです。 

死因は病気とは直接関係のない心不全

死亡確認に来たお医者さんが、ほぼ苦しまずに亡くなられています、と。

確かに眠ってるだけじゃないの?と思うような穏やかな表情でした。

 

なんとなく自分の中で、あと数年だろう&最期は入退院を繰り返し、「覚悟して下さい」と言われる日が来るんだろうな…と思っていたので、まさかこんな呆気なく逝ってしまうとは思わなかったので、母からの電話はかなり動揺してしまいました。

 

当たり前ですが、人は死に方やタイミングは選べないんですよね。

 

父は数年前現代医療では治る見込みのない進行性の難病である事が分かりました。発覚時は50代半ば。世間ではまだまだ元気な世代。

本来、健康的な毎日が送れる事は、とてつもなく有り難く素晴らしい事なのに、人は強欲で浅はかなのでしょう(私も含め)。SNS上では、年収や企業名、地位、学歴に固執したり、それを手にしている他者に対しての妬み嫉み僻みが散見される。本当に見苦しいし、悲しい世界だと思う。

 

父は定年迎えたら色々としたかった事もあっただろうけど、お金があっても使えない。外出もままならない。食べたい物もだんだん噛めなくなる。味気ない流動食から最後は胃ろう。

 

病気は当たり前と思っていた事を容赦なく奪う。足りないものを嘆いてばかりの人生より、今ある自分の小さな幸せに感謝する人生の方が良いと思うんだな、絶対。

 

 

亡くなった当日は、たまたま実家方面に遊びの予定があり、早起きをして車で彼と一緒に向かっていた為、母からの連絡ですぐに駆けつけられました。

 

親戚や祖母も実家から近いのですぐ駆けつけてくれ、そのままバタバタとお通夜・お葬式の流れになりました。

 

あまりにも突然で色々と自分の中で消化しきれない部分はありますが、お盆中の急逝ということで祖父(父の父)が迎えに来たのかな、と納得させています。

 

そして、今回の件で精神的にも物理的にもサポートして気遣ってくれた彼と結婚する事に決めました。

喪中なので今すぐという話ではないけど、先に一緒に住むとか婚約だけ済ますでも良いかな、という話をしてます。その辺はおいおい家族に相談しようと思ってます。

 

生前に父に紹介すれば良かったな…という後悔はありますが、今年に入り急スピードで決まった兄の結婚を父はとても喜んでいたので、そこは私は免除という事で…苦笑

 

いつまで経っても親に結婚の報告ができない自分を情けなく思ったり、安心させられない事に苛立ち、自分を責める時期が長かったけど、皮肉な事にそのプレッシャーから解放された途端に結婚話が急速にまとまりだしました。

 

バツイチで子供もいてる相手なので、婚活市場では眉唾の対象かもしれないけど、私にとっては頼りになるし男らしい優しさや思いやりを感じる相手なので、残りの人生を一緒に過ごしたいと素直に思えました。

 

父の死は悲しいけど、ゆっくりと自分の中で消化し、今ある生活と健康に感謝し、彼とこれからの事を決めていこうと思います。

 

 

今回の件で、自分の中の死生観、エンディングノートの必要性、相続の事も纏められたら書いていきたいなぁ〜。