ブログ名考案中

独身一人暮らし女の雑食日記。

欧州の労働環境

私はここ5年ぐらい毎年のように夏季休暇はヨーロッパの国に訪問している。

 

f:id:xoxomomonger:20190829124450j:image

 

 

欧州の方々のバケーションを楽しむ為に働くという姿勢が素敵だなだと思う。

 

 

金曜の午後はpubに群がるイギリス人、シエンタで日中何時間も店を閉めるスペイン、陽気に手を取り合ってダンスを求めてきたイタリア人の接客、育児休暇を取得中であろう平日の昼間から小さい子供の面倒を見ている欧州男性…etcを見て、

日本の働き方はどうにかならんのかな…

と本気で思った。

フランスは、法による厳しい残業規制があるらしい。

 

 

ただ、日本人の勤勉さは素晴らしいと思う。こんなに低コストで高サービスを受けられる国はなかなかないんじゃないかな。(どこの店入っても清潔だし。トイレが詰まってる、ドアが壊れてる、糞尿が床に飛び散ってるとか普通に海外ならあるある。)

 

 

日本人の勤勉さは残したまま、多様な働き方が許容し合える風土と体制をば…!と願う8月の雨の日、電車の中でおじさんのかほりを強烈に感じながら。かなりキツイ…

 

f:id:xoxomomonger:20190828183725j:image

 

 

夢もクソもない

入籍してはや半月が経とうとしている。同時期に入籍したであろうTwitterの婚活垢さんらはドレスの試着をしたり、指輪を見に行ったり着々と進めているというのに

私は何もしていない。ドヤ顔

 

ゼクシーとか読んだことないし(参考になるのかもしれないけど、価値観を押し付けられそうで読む気になれない…)、本当に指輪もドレスも式も興味がない。。。理由は不明。

たぶん実際見に行ったら興味が湧くと思うけど、指輪や披露宴に大金使うなら新婚旅行贅沢にしたり、欲しい家具買ったり、今後の出産・育児費用に充てたいなぁ、と。指輪よりタグホイヤーのカレラ60万が欲しい…

披露宴に関しては、まずウェディングロードを歩く父親がいないし、その父ちゃんの1回忌も終わってないし、何回も行き飽きた披露宴に大事な休みを1日拘束して3万も包ませて、若くてピチピチ(死語)でもない女のドレス姿見せるとかまあまあな苦行なので、それを友達に強制させる程私はKYになれない。

これを言うと友達は「え~、そんな風に思わんよw 私もしabちゃんが呼んでくれたら嬉しいし、普通に晴れ姿見たいよ!背あるからドレス似合うと思う~!」と言ってくれて、世の中はこういう心が綺麗な人がいるから成り立つんだなぁ…と。

 

入籍後に、「そう言えば私プロポーズしてもらってないやん笑!」と言ったら、「そうやねん…でも同棲し始めた時から結婚前提で話が進んでたから…なんかタイミングが無くて…」と工はちょっと気にしてた様子。

ドラマみたいに跪いて、指輪の箱パカッとかされても、マジで良いリアクションできない自信あるので、別に無しでいいんだけど、一応形式上のプロポーズはしてもらった方が良いのでしょうか…?? って、もう入籍したから、後だしプロポーズになるけどw

 

でも、結婚生活って2人で築き上げていくものだから、男だけが女にお願いするっていうこと自体がどうなんだろうね。

 

まぁ、人は人。私は私。

工と話し合ってマイペースにやっていこう。

名前が変わる事によっての膨大な数の手続き

 

 

先日、たくみと入籍しました。

入籍したからと言って何か劇的に変わる事など無く、変わらず朝は眠いし仕事は怠い。

一緒に住み始めて3ヶ月以上経ったので、入籍前後で特に生活が変わった訳ではないです。

 

 

自分の所感は置いといて、手続き面の事を備忘録も兼ねて書いておく。

結婚はしたかったが、結婚の手続きやそれに伴う申請はもう懲り懲り。

 

 

①1月中旬 以前住民票置いてた市へ転出届(郵送)=印鑑登録の失効

②1月下旬 ①の転出証明書を持参し、近所の役所へ住民票変更&マイナンバー住所書換え 

③1月下旬 婚姻届不備チェック(不明点がいくつかあったので)

④1月下旬 実家に戸籍謄本取り寄せてもらう

⑤2月上旬 新姓で実印・銀行印・認印のオーダー(お母さんサマサマ)

⑥2月下旬 役所へ入籍届提出=新姓へ切替・新しい戸籍へ

 

 

もうマジで面倒くさい…。これだけで3回役所行ったぞ。

一番効率的なのは、引越と同時に婚姻届提出かと。無知な私が悪かったが、本当に非効率的だったわ。

 

あまりにも女性の方がやる事多くて、もう夫婦別姓で良くね?と思うの分かる…。

あと、何も考えずに住民票変更~入籍の間に、なんとふるさと納税を3件も頼んでしまった…。

ワンストップの書類どうしたら良いの…?(ため息)

ここまで終わったけど、あとto do listが下記の通り。

 

⑦役所で新姓の住民票写し何枚かもらう・マイナンバー氏名変更・新しい実印で印鑑登録

⑧警察署に行き運転免許証書き換え

⑨銀行窓口へ行き住所と氏名の変更(緑と赤とゆうちょがある!!!(白目))

⑩ネット証券2つとネット銀行1つもweb上で免許証とマイナンバー添付し申請(吐き気…)

⑪クレジットカードも住所&氏名変更

⑫人事部へ結婚届、住民票、健康保険証を提出。労働組合へ祝い金申請提出。

 

 

一日休み取って⑦~⑪を済ませるつもり。

パスポートは残が7年ぐらいあるが、もう面倒くさいのでそのままにしておこうかと。

自分名義の車持ってたり、生命保険加入してたり、国家資格持ってたら更に手続きあるんだろうな…

 

マイナンバー制度作ったんなら、データ全部紐付けて、こういうの一括でできるようになってほしい。

 

これだけの時間と労力をかけたので、離婚してまた一から手続きとかもう過呼吸になるので、頑張って婚姻関係続けて行きます笑

 

 

f:id:xoxomomonger:20190304182531j:image

 

母がオランダ水牛の印鑑作ってくれたよ。高くてビックリした。大事に使います。母の愛を感じました…。

 

会社員が青色申告に関わってみた話

会社員って楽なんだなと実感した話。

 

確定申告の時期がやってきました。

たくみは個人事業主なので青色申告をする為、ここのところお手伝い中。

奴がどんぶり勘定なのは薄々気づいていたが、もう想像以上にお金に無頓着な事が発覚し、ひっくり返りそうになった。

 

入社時から買掛金売掛金の管理は厳しく、1つの商売に対して、仕入・経費・売上・利益にとても敏感にやってきた商社の営業アシスタントからすると

「ありえない!!」に尽きる。

 

(貿易の商売は必ず様々な経費や税金がかかるし、為替リスクも大きいのでコスト意識無しでは務まらないかと…。)

 

業種にもよるのかもしれないが、工はあまりにもどんぶり。

特に経費に関しては酷く、何年も使用してないポケットWIFIの引き落とし、作った覚えのないクレジットカード(高い年会費)、引越前後に市民税の二重払いなどがポロポロ出て来たり、いつの時代の何のプランやねん!っていうような高額な携帯代、仕事なのかプライベートなのかすら分からない&本当に思い出せないという謎の振込履歴...

OTL

 

 

人には得意、不得意があるのは分かっております。

建築の分野に関しての知識、経験は尊敬しています。

毎日文句も言わず元気よく働きに出る姿も、逞しく感じています。

 

それを差し引いても、お金や手続きに関して無頓着なのは、これから生計を一緒にしようとしてる私には不安!!!

きつくお灸を据えさせていただきました。

 

f:id:xoxomomonger:20190208163133j:plain

f:id:xoxomomonger:20190208163336j:plain

f:id:xoxomomonger:20190208163201j:plain
すみません 最後チョケてますw

 

 

それにしても、個人事業主はメンドクサイんだね・・・。税理士に丸投げしたくなるの分かる。

税務署や自治体からの届く案内も多い。住民票を移したので新旧から来てる書類もあり~の。

 

会社員の私は、毎月給料から、健康保険、厚生年金、雇用保険所得税地方税確定拠出年金、団体保険、自社株など色々引かれて悲しいと思ってたが、この計算や手続きをしてくれている人事部の皆様・・・本当に有難うございます、という気持ちになった。

 

あと、確定申告は細かく帳簿つけとかないと、2~3月死ぬほどめんどくさい事になるんだね…。

例えば、取引先と行った飲食代やタクシー代は「交際費」に仕訳できるけど、割り勘してた場合は手書きの出金伝票を残しておくべきなんだけど(企業でもそうですよね?)、酔っぱらって帰って来てそんな事できる訳ないやんwww

 

ハシゴして翌朝財布に小銭しか入ってない私には難易度高すぎる。

 

 

フリーランス(という言葉に)憧れた時期もあったが、私生まれ変わっても会社員でいいかも。。。楽したいの。。。笑

 

 

ぐちゃぐちゃに保管されてた領収書をひたすら仕訳してて、ワシ税理士かよ…って感じなので、終わったら美味しい物でも連れてってもらわなね~!

新規開拓が楽しかった話

引越して早2ヶ月が過ぎた。

それまでの大阪市内での生活から一変して、近所で飲み歩く事が無くなった。

というか、そもそも近所に飲み屋がない(涙)

最近は専ら家でハイボール。。。

 

f:id:xoxomomonger:20190206130404j:image

 

まぁ、アル中気味だったので、こういう環境に身を置いて否が応でも減酒できる事は良かったとは思うが、やはりたまには近所でお店の人やお客さんと他愛もない話をしながら、飲みたい。

安西先生…!酒が飲みたいです…

 

 

って事で、新規開拓して来た。

隣の駅周辺は飲み屋街があり、美味しい個人店やバーもあると、そのエリアに住んでた後輩ちゃんが教えてくれたので、早速行って来た。

 

 

まず、後輩ちゃんがイチオシのお店へ。

 

f:id:xoxomomonger:20190206180837j:image

 

定休日だった。

 

気を取り直して、もう1軒。「店長きっとabさんの事気に入りますよ♡美人好きなんで♡」とヨイショしてくれたお店にも行ってみた。

 

定休日だった・・・

 

どうもこのエリアは火曜が定休日が多いよう。

前はオフィス街だったので、平日が定休日のお店はなかったので、abさんなかなかのショック。

 

 

張り切って新規開拓来たのに、もう持ち駒が無くなってしまったっていう・・・

こういう時は、長年培ってきた「このお店良さそう」という直感を働かせて突撃。

 

 

正解だった。

この院生のリケジョの夢や将来を色々聞いちゃうワタシハ リッパナ オッサン。

彼女はマイ○ロソフトで働きたいらしい。日本は技術者が安すぎるので外資で頑張ってみるのは有りだと思う。若く未来のあるエンジニア、頑張れ~!

ビール、白×2、カルパッチョ手羽餃子、卵と山芋のオムレツで3,000円弱。

(今思うと、マスター安くしてくれてる…?)

 

 

2軒目は、リケジョが教えてくれた大衆居酒屋へ。

満席だったが、ちょうど1人客がお会計してたので入れ替わりで座れた。

オッサンばっかりでガヤガヤしてた。

芋とどて焼き。

 

f:id:xoxomomonger:20190206131055j:image

 

お会計は1,000円しなかった。安かった。

もうちょっと静かなタイミングで行きたいかな~。

 

 

3軒目は、これまたマスターがオススメしてくれたバーへ。

その前に、なぜかコンビニで立ち読み。(酔っぱらいあるある)

ホステスから学ぶビジネスの漫画を読んだ。内容が薄ぺっらくてつまらなかったのに全部読んでしまった…時間の無駄(酔っぱらいあるある)

 

どうでもいいが、私は時々飲食やってる人に、夜の仕事してると思われ「どこのお店で?」と聞かれる。(スナックで他のお客さんにマイク渡したり、灰皿配ったりするからなのか。。笑)

チーママ感があるらしい~。って、嬉しないわ!

 

 

バーで隣の男女(同じスポーツ仲間らしい)と仲良くなって、春にそこのお店開催のBBQに参加しようという話で盛り上がった。が、連絡先も聞いてないしその場のノリなので実現しないかと思われ(酔っぱらいあるある、3回目)

 

有田みかんのカクテル、オレンジピールの香りがするハイボール、杏とジンのカクテル。全部美味しかった。

 

f:id:xoxomomonger:20190206130409j:image

 

f:id:xoxomomonger:20190206130413j:image

 

1軒目のマスターが「この辺で一番レベルの高いバー」と言ってただけあって、満足でした。でも北新地のバーとかに比べると何かが足りない。。。何だろう。。

 

気づいたら1時過ぎてて慌ててお会計して帰った。3杯飲んで4,000円。コスパ良し!

工は仕事関係で遅くなる日だったが、先に帰って来てて、私が遅いので機嫌が悪め~…。

こういう時一人暮らしの気楽さが恋しくなりますな。

 

 

まとめると、一人新規開拓楽しかった(^ω^)

たまにはいいですね~~。

会社帰りに友達と待ち合わせて飲みには行ってるが、近所でテキトーにお店入って、好きな時間にすぐ帰れる手軽さが良い。

また行こう♪

 

自分で自己肯定感強いなと思った話

あけましておめでとうございます。2019!

かしこまった年始の挨拶や今年の目標は割愛して、今日は自分の自己肯定感がとても強いなと思った話。

「お前よくそんな事自分で言うよな…(-"-)」と呆れ顔で読んでもらってオッケーです。私自身思ってるので笑

 

 

年末に工と別れ話に発展するほどの衝突がありました。

その数日前のクリスマスは温泉旅行で楽しく過ごしたのにも関わらず…です。

男女の仲、一寸先は闇〜〜。まぼろし〜〜!

まぁ、衝突のキッカケは完全に私なんですが。

 

 

 

「もうこの家解約して出てってもいい」ってな事を工がぶっ込んで来たので、その投げやりな言い方に腹が立って、「ふーん、それでいいん?どっちが先出る?」と応戦。

 

その後もゴチャゴチャと話が平行線だったので、「工は私の事もう好きじゃないん?」と聞いたら、「好きって定義が分からんくなってきた」と、腑に落ちない答えが。

 

ここで落ち込まない・怯まない・凹まないのが私。

「嘘つけや(怒)例え今ムカついてても、好きが嫌いに180度変わる事はないやん。寝て起きて明日もやしナムル(工の大好物)嫌いになる事ってある?」

「無いな」

「好きの定義?!何それ。好きに理屈なんかないでしょ~。私は工の条件で好きになった訳ちゃうし。条件主義ならバツイチ子あり選ばんし、お金ない時に(昨年、一時的に仕事で大損こいだ時があった)離れてるし。」

「…」

「素直にまだ好きって言えばいいやん、意地張ってもしんどいだけじゃない笑?」

「なんやねん笑」

「じゃあ、私の何が嫌いなん?全部言って、今」

「酔っ払って俺の過去を責めてくる事。」

「他は?」

「他は、、ん〜、、何やろ、、思いつかへん」

「じゃあ好きなところは?」

「一途に俺を大事にしてくれるところ、色気があって綺麗なところ、心優しいところ」

「じゃあ、結論好きやん!!」

「。。。ほんまやな。」

 

 

すごくないか、私の自己肯定力。

私なんかどうせ…と自分を過小評価せず、図々しく自分を大事にできるような子に育てた親に感謝っす。まぁ、生まれつきの性格も大きいと思うけど。

 

今年も図々しく自分を大事にしてあげたいと思います。

 

 

  

喧嘩

酔っ払ったらたくみに喧嘩をふっかけてしまう。子供がいるのに大人の都合で離婚した事を責めてしまう。そんな事しても何もならない、寧ろ彼を追い込んでしまうの分かってるのに馬鹿な私。

 

結婚して、心変わりしたら私ともそんな風に別れを選んでしまうのかな…と不安なんですよね。

あと、二人とも子供欲しいと思ってるけど、うちらの子供には関係ないお金=養育費がかかってる事、父親が自分の知らないところで別の家庭と子供を持っていた過去を受け止めさせる日が来る事を思うと胸が痛い。

どうして私がこんな苦しまなきゃいけないのか。。と恨みにも似た感情が湧いてきて彼に当たってしまう。

 

喧嘩して朝方まで言い合った事、何回あった?もういい加減にしたい。

彼の事好きなのに大事にしたいのに、酔っ払って口をつく言葉は酷すぎるわ、私。

 

今回は無闇矢鱈に傷つけてしまった事と私自身の自己嫌悪で、彼の前で泣いてしまった。たぶん初めて彼の前で嗚咽漏らしながら泣いてしまった。

 

器のデカイ女になりたい…。